忍者ブログ
お付き合い中のyouとけーくんの恋愛ブログ♡ 結婚へ向けての毎日を綴ります♪♪
10≪ 2017.11|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、けーくんのご先祖様のお墓参り、ご実家へのご挨拶が終了しました

あまり詳しくは書きませんが・・・
ご先祖様のお墓に、けーくんのお父さんは入っていないことが判明
しかし、これからも見守っていてくださいと、二人で手を合わせてきました

そして、ご実家へのご挨拶
いつもけーくんのお母さんが仕事から帰ってくる時間になっても、お家の明かりは灯っていなく・・・
妹さんの自宅へ行っても、妹さんの車もなく、妹さんが帰っている気配はありません

家族でどこかへ行ったのだろうかと、一度近くのショッピングセンターへお茶をしに行ってから
再びご実家へ
時間は夕御飯時をさしていましたが、まだ帰って来てはいなかったので、youが持参したお土産と、けーくんが、家族に会えなかったときのために書いて来てくれていた手紙(youも連盟で名前だけ書いた)を置いて帰ろうとしたその時

けーくんのお母さんと、弟くんが帰ってきました

二人の姿を見つけて固まるけーくん
とりあえず、追いかけて貰うようにして、弟くんをつかまえました

ビックリしていた様子の弟くん
「・・・何しに来たの?」
「・・・彼女を連れて、挨拶に来たんだ」

少しの沈黙の後、ちょっと待って、と弟くんは家へと入って行きました

長くも感じられる時間・・・

散歩のためか、ご実家の犬とともに出て来た弟くん

「(お母さんは)会いたくないって」
「・・・・・・」

弟くんは、youの前も無表情で通り過ぎ、去り際に
「俺も会いたくなかった」
と言って姿を消しました

けーくんは、そのまま立ちすくんでいます

「・・・どうしようか?玄関開いてるみたいだけれども」

アパートの階段の踊り場に立ちすくんでいたけーくんは
お家の玄関まで、一段ずつ、階段を上って行きます
見ているだけでも、緊張と、不安と、苛立ちと、迷いが伝わってきます

一度、チャイムを鳴らしてから、けーくんは、玄関前に立ち、家の中にいるお母さんに向かって話し始めます

突然来てしまって申し訳ないと思っていること
もう結婚するから、と二人で挨拶に来たこと
もう一度、挨拶に来ること

それだけ言うと、けーくんは手にしたお土産をドアノブに掛け、急ぎ足で階段を降り始めます
すぐに立ち去れないyouは、名残惜しく、ゆっくりと階段を下ります
けーくんが少しだけひき戻り、youの手を取って・・・その場を後にしました

車を発進し、すぐにその場から遠くに離れたいというけーくんの気持ちが伝わります

youは、自分に、けーくんに会ってもらえなかったということが悲しいのではなく
ただ、弟くんの言葉が突き刺さりました

(けーくんは、そんなに・・・そんなに、悪いことをしたんだろうか?)
(あんなに仲の良かった兄弟だったのに。なぜ、こうなってしまったのだろう・・・)
(けーくんは・・・・・孤独だ・・・・・・)


もう日も暮れてしまって、夜道ではyouの顔は見えなかったでしょう
ただ、それだけが悲しくて、涙が出ました

目の前で見てしまった光景
けーくんは、youよりも何度もそんないざこざを体験してきました

だから・・・何もかもイヤになるはずだ、と実感しました
同時に、トラウマになるのも痛いほどわかりました


早く帰る予定だったけれど
けーくんを帰したくなかった
けーくんは帰りたくなかった

すっきりしないまま、帰路についたけれど
けーくんには早く休んで欲しかったので、半ば無理に帰ってもらうことにしました

これで、終わりじゃないから
こんなことは何度も続くだろうから

果たして、挨拶といえるのかどうかわかりませんが
二人で挨拶に行ったことは、確実にけーくんのお母さんに伝わっているはず
置いて来たお土産と、手紙がどうなったのかはわからないけれど
いい意味でも、悪い意味でも、半歩くらいは踏み出せたように思います・・・
PR
5月12日

いつもとは少し違う気持ちの朝
母に、今日はよろしくね、と言ってお家を出ました

仕事帰りにけーくんと落ち合って、直接ご挨拶場所のお店へ行く予定でしたが
風邪気味のyouは仕事着が半袖だったために、一旦家へよって着替えることに

けーくんとの待ち合わせ場所へ行くと、初めて生で見るけーくんのスーツ姿
ニヤニヤ笑いが止まりません。笑
you、スーツフェチなんですよね
それがもう、けーくんのスーツ姿ならなおさら良しです

お家まで送ってもらって、着替えに帰ると父も母も、もうすぐ仕度の出来る頃でした
改めて、よろしくお願いします、と言ってお家を出ました
父も、母も、笑顔で送り出してくれます

けーくんはお店の近くにホテルを取っていたので、その駐車場まで行き、車を止めて二人で先にお店に向かいました
youもけーくんもなんだか変に高揚してしまって・・・
緊張しなくてもいいはずなんだけれど、緊張を隠せません

お店について、予約をしていたのでyouは中に入ろうとしたのですが、けーくんは外で待っていた方がいいよ、と軽くモメ外で待つこと数分・・・
両親がやってきました

初めまして、と父とけーくんは軽く挨拶した後、個室に通してもらいました

飲み物を注文した後、父から「どうも初めまして、○○(←youの名字)です」と挨拶
けーくんは父に名刺を差し出していました

けーくんから、東京出張のおみやげと、母の日のプレゼントを渡すと、母はかなり感激していました
「あとで楽しみに開けますね」と本当にうれしそう

飲み物が来て、注文した後は、しばらくけーくんの会社についてのお話
それから、父が単刀直入に「youのどこがいいんですか?」との質問。笑

いやいや、そんなの本人目の前にして恥ずかしすぎる!と思いつつも、それに対してしっかり答えてくれるけーくん
なんだか恥ずかしいやらうれしいやらで涙が出てきました

途中、何度かけーくんのご実家の話しも出て来たのですが
それについては、近いうちにご実家に結婚しますと挨拶しに行くこと
けーくんの亡きお父さんについては、お墓参りに行く旨をけーくんから伝えてもらいました
それには、やはり両親も「筋を通したほうがいい」と賛成
母からもyouに「これからはあなたも彼と一緒に考えて行って、話しを良く聞いてあげなさいね」との助言をしてくれました

その後は、趣味の話しなどをして、それから、youとけーくんの出逢いについても話しました
youとけーくんはネットで出逢ったのですが
母が「北海道に戻って来ていなかったら、きっと彼とは出逢っていなかったね」との話しから、両親の馴れ初めまで飛び出し・・・笑

過去があるから、こうやって今があるんだね、となんだか和気あいあいと話しが進んだのでした

話しも終盤に入り「結婚させてください」と言うタイミングを掴めないままのけーくん
父も母も、これからは相談に乗れることは乗るから、反対とかそんなことは一切ないと言ってくれました

父は「あなたのお母さんのことは、これから二人でちゃんと考えて進めて行くとして・・・私としては、youを幸せにするというよりも、youを大事にしてやって欲しい。・・・約束してくれますか?」
とけーくんに優しく聞いてくれました
けーくんは「youさんを、お父さんのyouさんを想う気持ちに負けないよう・・・勝つくらいの気持ちで一生大事にします」としっかり父の目を見て言ってくれました

「そうですか・・・では、よろしくおねがいします」
そういって、父はけーくんに手を差し出し、二人は握手していました・・・
youも、よろしくお願いします、と言いたかったのですが
すでに泣いて声も出ず・・・苦笑

緊張はしていたけれど、とっても温かい時間が流れ、幸せな空気を感じることが出来ました

店を出た後は、両親は二人で飲みに行き
youとけーくんは近くのカラオケに入ることに
歌いもしましたが、しんみりと話しもして
youが「父と母に結婚相手を紹介するってなったときにね、こんなふうに両親がやさしい態度でいてくれるとは思わなかったんだよ」と言うと
けーくんは「youが思っているよりも、youのお父さんとお母さんはyouを大切に想ってくれているんだよ」と答えてくれたので・・・その言葉にも、また泣いてしまいました

端から見たら、けーくんのご実家の問題がこじれてしまった以上、反対されてもおかしくないというのに・・・
初めてだから、緊張は免れませんでしたが、それでも話しやすく温かい雰囲気を作ってくれた両親
ものごとをちゃんと判断してくれた両親を、改めて尊敬し、感謝したのでした

そして、けーくんの落ち着きと、常識と、頼もしさに、感謝そして惚れ直しました
youは何も心配することなくけーくんの隣で話すことが出来ました

予想よりも遥かに幸せだったご挨拶会

事実上、youの中では結婚を認められたと思いたいのですが・・・
まだまだ気は抜けません

 道は開け、「9月に引っ越す時には、二人で住める部屋を探すのですね」と父も言っていたし、それまでにやることはたくさんあるので、これからも二人で頑張って行きたいと思います☆
今日、明日と連休のyouですが

午後に家に用事があって帰って来た父が、何やら母と話している様子
どうやら、今週の土曜予定をあけたと話しているみたい・・・!

youはお昼寝をしていたので(実際にはその時起きてしまったのだけれど)、詳しい話しはその時はせずに、父はすぐ仕事に戻り

夜、晩ご飯を食べている時に
「今月は、土曜は今週しかあいてなくてな。彼に聞いてみてくれないか?」
との父からの申し出


ついにキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!


待ちに待ったyouの両親とけーくんのご対面!ご挨拶!

「うん。大丈夫だと思うよ。聞いてみるね」
と答えてから、彼の話題に

「会うって何をすればいいのかしらねぇ・・・」
「そんなの俺だってわからないよ。まぁ、紹介だろ?」
「・・・(いや、何をも何も、結婚のご挨拶でしょ?・・苦笑)」

「彼がこっちに挨拶に来たら、あんたもあちらに挨拶に行くんでしょ?そういう予定はないの?」
「いや・・・ないこともないけど」

実はこれが今の所一番の難関・・・

「完全に縁を切るってことはないからな」
「会ったら会ったで何か言われるかもしれないけど、会わなきゃ会わないで何か言われるでしょう」

・・・はい。ごもっともです

会うの難しいなんて言えないし、それを突破しないともう結婚も出来ないからなぁ・・・

けーくんが難色を示しているし、その気持ちはわからないでもないのだけれど
挨拶している時に、けーくんが
「(家の親には)挨拶しなくてもいいので、結婚させてください」
なんて言い出したら、好感触示しているyouの両親までおかしく思ってしまう・・・

「嫁に行くのだから、どんな状況でもご挨拶するのが当然のこと」
と思っているyouの両親

ここは、なんとしてでもけーくんと話し合っておくしかないと思いました


挨拶のことを話すと、けーくんはすぐに承諾
もともとその土曜日もこちらへ来る予定だったので、予定通りと言えば予定通り

ただ、気がかりなのは
10日、11日と、東京へ出張が決まっていたこと
かなり重要な会議もあるらしく、体調も心配・・・
それでも、今回を逃すといつ機会があるかわからないからと、急いで準備をはじめることにしました

この日も、遅めに帰って来たけーくん
ネットで個室のあるお店を検索したりしていたのですが
普段なら何ともない時間に、けーくんが眠たいと、電話を切ることに
会議の準備でかなり疲れている様子

ちょっと不安を残したまま、youは明日も休みだから調べておくね、と電話を切ったのでした

you自身も仕事が忙しいのと、昨日、売り場が寒かったので、ちょっと風邪気味なこともあり、不安要素だらけです

それでも、ちゃんと会う機会を設けようとしてくれている両親に感謝☆
うまくいくように準備万端にしようと思っています
いつものようにyouの仕事場まで迎えに来てくれたけーくん

デートの前にはyouのお家に寄って着替えてから出かけるのですが
帰ったとたん、母が「彼、迎えに来てるの?」の言葉

けーくんから手紙をもらってから、母は、けーくんに逢わなければ申し訳ないと思っていたらしく
「逢わないなんてこと思ってもいないのだけれど、彼がそういう風に思っていたらいやだなぁって・・・」と以前に言っていたのでした

今日は母なりに会える準備も整っていたらしく
「挨拶するだけだから!特に話さないからね!」
と言いつつ、身支度を整えます。笑

玄関を出て、けーくんが待っている車へ二人で行きました
隣に母がいるのに気づいたけーくんは、降りて来てくれて
「どうも〜!はじめまして〜」
「初めまして。○○(けーくんの名字)です」
けーくんは落ち着いて挨拶をしてくれました

緊張の場面で、ちょっとぎこちなくなってしまったけれど
「今度、改めて・・・あの・・」
「はい〜」

「・・・ご挨拶をよろしくお願いします!」

・・・緊張に耐えかねてyouが言ってしまいました。笑

その後「じゃぁほら、車に乗って」と母に促されるyou達
車を動かす間、youと母は
「また今日も地元まで帰るの?」
「うん」
「大変ねぇ〜・・・」

だとか
「ほらみて、○○ナンバー」
(けーくんの車は、地元ナンバーではなく、以前に関東で購入のため、未だに千葉市のとある街ナンバーです)
「○○ってどこにあるの?」
「千葉だよ」

などと、たわいもない会話。笑

車に乗って、ウィンドウを開けると
「よろしくおねがいします〜
と母に見送られて発進

発車してすぐの車の中で、けーくんとyouは不安と緊張があとからあとから湧いてくるのでした

「俺、今頃緊張が・・・」
「どうしよう・・・なにか後から言われるんじゃないかな・・・」

その後、you達は記念日を楽しく過ごしたのですが
親から連絡が来ることもなく
ということは、悪くは思わなかったのかな・・・?

なんにせよ、男の人と一緒に出かけるのを母が「よろしくお願いします」なんて言って送り出してくれるのは、かなりの進歩じゃないかと思いつつ・・・

としあえず、初対面は無事に(?)終了☆
後日聞いてみることにして、その日は幸せな気持ちで寝たのでした
more・・・

*script by KT*



けーくんに内緒で小さなお小遣いを貯めています♪
もうすぐ2000円貯まります☆
お財布.com
プロフィール
HN:
you
性別:
女性
職業:
アパレル販売員
趣味:
ネイル
最新コメント
[10/13 ナナ]
[08/22 パティ]
[07/03 you]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 毎日がプロポーズ☆。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by MY HEALING ☆彡.
忍者ブログ [PR]