忍者ブログ
お付き合い中のyouとけーくんの恋愛ブログ♡ 結婚へ向けての毎日を綴ります♪♪
07≪ 2017.08|12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

youが父母に話したのは次のことでした


*手紙はけーくんの海外出張前に預かっていたけれど、youの気持ち的にすぐに渡せなかったこと
*けーくんのご家族の構成・経済状況
*youとつき合い初めと同じくらいに、実家の面々が、これから住む家(中古物件)が欲しいと言い始めたこと

*自分達ではローンも組めず買えないので、けーくんに名義を貸して欲しいと言ってきたこと
*最初は自分が出来ることなら、とけーくんは言っていたけれど、どの道を通っても、今の状況では、そして数年先を見てもけーくん自身にローンの負担が残ってしまうこと
*けーくんが、これからの自分の将来を考えても、それは出来ないと思ったこと
*しかし、名義貸しが出来ないのなら、これから月に数万程度、仕送りをしろと言われたこと

*父親のいないけーくんは、実家に迷惑をかけずに生きていくことが親孝行だと思っていた
*それは家族にしてみれば「当たり前」のこと。むしろ困っているんだから名義貸し、それ以上に家を買うこともしてくれてもいいんじゃないかと言われたこと

*けーくん自身は、これから先、金銭的にも実家にも、誰にも頼ることが出来ない。
しかも、将来的にもけーくん自身が住むことのない家
そのローンを支払い、youとの結婚生活もやっていくのでは苦しすぎる
だからこそ、家を買うことも、仕送りすることも「今は出来ない」という最終結論を出した
しかしそれは、決して老後の面倒を見ないということではないし、困った時にはいつでも助ける気でいる

ご実家の言い分として

*お母さんは、面倒見てもらうなら「妹に」とはっきりけーくんに言っている
*けーくんの職場がある土地に、けーくんの家を建てて、そこへ一緒に住まないか、という提案は
「結婚すれば嫁の味方になってしまうので、それはいや。住むなら今現在住んでいる地域がいい」

*最終的に、けーくんとご実家の意見はわかりあえず、平行線
*ご家族は、けーくんは自分のこと、結婚のこと、彼女と自分の幸せを選んだとしか思ってくれない

*「高校・大学と出してやった恩があるのに、何もしてくれない!もう息子ではない!」と言われたこと・・・

youが信頼して相談した方々には、すべて、ご実家の言い分はおかしいといわれました
youもけーくんも、どうしてわかってもらえないんだろう?と
縁を切る必要なんて、どこにもないのに・・・
ただ、ご家族のみなさんに、もう少し切り詰めて頑張ってみるから、と言ってもらうだけでよかった
仕送りをするならするで、どこにいくら費用がかかり、これだけ足りないと、筋を通してお願いして欲しかった
(お金のことですから、たとえ家族といえども・・・)

それ以前に、生活が苦しいから家が欲しいというのならば、いくらでも生活を切り詰める手段はある
妹さんや弟さんが正社員になり、それからローンを組むというのならば話は別だけれど、その意気込みはあっても、めどは立たない・・・


細かいことを言えば、いくらでも話しはつきません
ここに書く以外に、たくさんのひどいことをけーくんは言われてきました
妹さんも、正直・・・とても可愛そうな立場にいます

「私だって、再婚したい。子供もいて、親の面倒も見ていかなければいけないから、条件は厳しくなるけど・・・」
と、泣きながら、お母さん、けーくんの前で言ったそうです

まだ、youと同い年なのに、自分一人で抱え込んでいる
そして、抱え込ませていることに、気づいてくれないけーくんのお母さん・・・


・・・そのすべてを、youは父母に話しました

話が長過ぎたようで「最終的に結論はどうなったんだ?」と父に聞かれ

「家を買えないと言ったら、縁を切られました・・・」

と一番言いたくないことを言ったyou

そして父母は・・・
PR
昨日の夜、youの両親に話しをすると決めて、けーくんとバイバイしました

どうやって話しをしようか、迷いに迷い
とりあえず、父に言ってみることにしました
冷静沈着な父は、動揺も見せることもなく、きっと静かに聞いてくれると思っていたから
母に後から話すことは、ひょっとして「隠し事された」という気分になるから、あまりよろしくないかな、とも思ったけれど
二人の前で話すのはさすがに勇気がいります

朝、父に職場まで車で送ってもらった時に、夜に話しがあると言うつもりでした


今日は、選挙日
知事選と市議会議員選があり、選挙カーの通る日々が続いていました
まずは他愛ない会話から、と思い
「選挙いつ行くの??」

「お前も行くなら、お前の仕事終わってから母さんが夜に一緒に行かないかっていってたぞ?
3人で行ってみるか?」

Σ(゚д゚;)

そ、それでは父に先に話して様子を伺おうと思っていたのが出来なくなってしまう・・・

「いや、実は・・・今日話しがあるんだよね・・・」

話しがある、といえば彼のことだと父は思うので、少し緊張した様子になりました

「それはお母さんも一緒だとダメなのか?」
「ダメじゃないんだけど・・・お父さんに先に話したくて・・・
お母さんも一緒の方がいいかなぁ?」

「一緒でもいいと思うけど・・・話しがあるって言ってたって言っておくか?」
「うん・・・お願いしたいな」

別々に話しをすることも、伝わり方が違って来るからと、迷っていた部分もあったので
腹をくくって、一度に話しをすることを決めました

「それと・・・これ」
youが父に差し出したものは、けーくんから預かっていた手紙です

昨日けーくんと話した時、手紙は渡すかどうかという話になり
「手紙に書いたことには、一つも嘘はないし、真剣な気持ちだから」
とけーくんはいつも言っていました
youはだいたいの内容しかわからなかったけれど、まずはけーくんからの直接の気持ちを読んでもらって、それから今回の話しをしようと考えました

「youさんのお父様・お母様」
と封筒に書かれた、けーくんからの手紙

仕事が終われば、手紙を読んだ両親に話さなければいけないんだと思うと、涙浮かんで目が潤んでしまいます
(出勤前なのに・・・)

お昼には、ご飯を食べてすぐにけーくんに電話で報告
「・・・という訳で、今日の夜一緒に話すことになったんだ」
「そうかぁ・・・」
「頑張って来るから・・!」
「うん!」

仕事中も今までも、どんなふうに言おうかずっと考えてきたけれど、ちっともいい案は浮かびません

仕事が終わり、迎えにきてくれた車を見ると、父しか乗っていません
「お母さんは?」
「選挙はいかないって言ってた」
「そっか・・・(けーくんの手紙を読んで何か思ったのかな・・・それとも体調が悪かっただけ?)」
「手紙、読んだぞ?」
「お母さんも読んだ?」
「うん。・・・お父さん達は、別に結婚に反対してるんじゃないんだぞ?
手紙を読んだ限りでは、ちゃんとしてるし、会わなかったのは、お母さんの体調もあるから、待ってて欲しいと言っただけで・・・」

「うん。それはわかってるよ。
彼は、本当にちゃんとしてる人だし、お仕事も頑張ってる
ただね、話したいのはそのことじゃなくて・・・彼のお家の事情なの」

「じゃぁ選挙やめてすぐ家に帰るか?」

車は、選挙会場の小学校の体育館についていました

「ううん。だってせっかく来たんだし」
「お前が悩んでるんだったら、すぐに話した方がいいだろ?」
「いいよ、選挙はそんなに時間かからないから、やっていこう」


youは実のところ、初選挙だったのですが。笑
滞りなく終了

お家に帰って、シャワーを浴びてから、母が
「なに?話があるんだって?」
と切り出してくれました

ソファに座った父母を目の前に
(こんなふうにして話をするのは初めてかもしれない)
と思いながら

「手紙、読んでもらったと思うけど・・・」
と、話をはじめたのでした・・・
けーくんの状態が落ち着いてから

一日、また一日と過ぎていきます
その間、もちろん、けーくんと実家との距離は変わるはずもなく
そして、けーくんとyouも、ごく普通に毎日を過ごしています

お互い、どこか吹っ切れていない感じは否めません
そして、これからいつかのyouの親への挨拶を控えて
やはり、その話題をしても暗い影を落とすばかりです

youから、ことの顛末を両親へ少し話しておこうとは考えています
ただそれも、どんなふうに言えばいいのか戸惑います
ただ事実を述べるだけではありますが
やっぱり、どんなふうにとられるんだろう、どんなふうに思われるんだろう

もしも、反対されたり、感動されたりしたら・・・

あたし達に味方はいない
心の支えもいなくなる

それは、youもけーくんも望んでいることではない

どうやったらいいの?
どうしていけばいいの?

タイミングを計り、毎日を過ごしています
それにときどき耐えられず、けーくんに八つ当たり・・・
けーくんはあまり気にしていないようだけれど、こんなことは悪循環だと自分でも気づいています


そんな気持ちを持ったまま
10ヶ月記念を迎えた昨日

けーくんが、ネット上の二人だけの専用の場所で、youへの思いを書いてくれました

「俺は、なんとしてでも、youが幸せと感じられる方向性を見失っちゃいけない
youと、youのお父さんお母さんを切り離すような行為は絶対してはいけない



俺は、必ずyouを幸せにする!

死んでも守り抜くよ

だから、ずっと一緒についてきて」



youはきっと、けーくんにこうやって言って欲しかった
恐かった
両親にけーくんをよく思われないかもしれないことも
勘当や駆け落ちになってもけーくんと先へ進むことが

わがままで切り離すことは可能
でも、最大の親不孝だと
ずっと吹っ切れないままでいました

けーくんがこう言ってくれたことで
気持ちがずいぶんと軽くなりました

自分のために、自分の気持ちをしっかりと伝えたけーくん
やれるだけのことはやった
無理難題を持ちかけられたけれど
それでも自分が出来ることならと頑張ろうとした
それでも、無理で、わかって貰えなくて・・・

その結果を、youはすべて受け止めると言った

だから、youはけーくんを信じないと行けません
なによりも、自分の気持ちを信じなければ
すべてが無駄になる

もう少し、強くなりたい
もう少し、時間が必要かもしれないけれど

早く、けーくんに逢いたいです
もっと、強くなるために
昨日のデートも楽しく終わり
今日はyouの地元のホテルに泊まっていたけーくんと朝マックをしてから、youは仕事へ
けーくんは実家へと行きました

そこで、兼ねてから問題になっていたことについてご家族と話し合い
根本から解決した訳ではないしこれから全く関与しないでいられる訳ではないけれど
ほんの少しだけ落ち着いてきました
それぞれがこれからについて一から考え直し、みんなで納得出来る考えを出すことになりました

・・・そういう方向に進んだことは、とても良かったです
そして、けーくんは真剣に自分の口から、お母さんに「今年中に、(youと)一緒に住んで、入籍したい」とはっきり伝えたそうです
いままでは、婚約指輪の購入をはじめ、youとのことが妹さんの口から伝わることも多かったし、それがけーくんとお母さんの気持ちの行き違いにもなっていたから、とても良い機会だったようです

正直、けーくんのおかあさんは、youに対してヤキモチを焼いていなくはないようですが・・・
妹さんがyouと会った時、短い時間の中で、本当にけーくんとyouがお似合いだと思ってくれたらしく
それを何度もお母さんに話してyouを押してくれているんだそうです
あのときは、緊張はしていたけれど、けーくんに対しても、もちろんいつも通り会話していたし、結構素のままだったので・・・
第一印象でいろんなことを含めて、妹さんがお似合いだよ、と言ってくれていることはとってもうれしいのです

けーくんのこの問題については・・・解決の方向になったらいずれ書きたいと思っています
読まれている方にはなんのことかサッパリわからないと思いますが・・・
もう少し見守ってくださいm(__)m


けーくんとはとてもラブラブです
もうすぐつき合って9ヶ月経とうとしているのに「youと逢えてよかったと毎日のように心からいってくれるけーくんに、ずっとついていきたいと思います☆笑
いきなりですが

けーくんと結婚する前に、親への挨拶もまだなのに
将来、けーくんの親御さんへの生活のための援助金をだしていくか、はたまた老後の面倒を見るか
それとも結婚が一年以上先になるかの選択を迫られています

生きていく上で、楽な道なんて決してないけれど
もちろん、けーくんのであろうと、youのであろうと、親の面倒を見ていく覚悟はしている

長男×一人娘だから、将来は大変なのはわかっているつもりだったけれど・・・
どうしたらいいんだろう・・・
more・・・

*script by KT*



けーくんに内緒で小さなお小遣いを貯めています♪
もうすぐ2000円貯まります☆
お財布.com
プロフィール
HN:
you
性別:
女性
職業:
アパレル販売員
趣味:
ネイル
最新コメント
[10/13 ナナ]
[08/22 パティ]
[07/03 you]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Copyright © 毎日がプロポーズ☆。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by MY HEALING ☆彡.
忍者ブログ [PR]